FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

地域進行と公営住宅-「土佐派の家」つくり-vol.3  山本長水

2012/03/13
(社団法人日本住宅協会発行「住宅vol.61」
 特集ページ「公営住宅の新たな使命」より)

佐川町町営住宅






 佐川町の一連の町営住宅は1991年、審査委員長を藤本昌也として
行われた設計競技に「土佐派の家」のコアメンバーである西森啓史
と太田憲男が共同して最優秀賞を受けたことから始まっている。

 1992~1994年には東元町団地、花の木団地、古市団地等で、2000
年に三野団地、2008年には稲荷団地で「土佐派の家」の手法による
一連の町営住宅が実現している。これらは既存の公営住宅の老朽化
に伴う住み替えの重要に対応したものであるが、佐川町が1989年か
ら取り組んでいたホープ計画による景観や街づくりの流れに添う公
営住宅マスタープランに基づくものである。
 ここで、設計者は景観のみでなく、一歩踏み込んで「集まって住
むことの楽しさ」や「互いに支え合う住まい方」の提案をし、それ
が入居者のほとんどが65才以上の高齢者であることを踏まえて、玄
関の段差を無くす、階段を緩やかにするなどの身体的機能に配慮し
たバリアフリーは当然のことであるが、住居同士のつながりによる
「精神面のバリアフリー」をも目指している。

 1、2階で住まい手が異なるフラットタイプの三野団地や稲荷団地
では、2階の床レベルで「通路」で結ばれ、別の棟にもその「通路」を
介して歩き回ることができ、スロープによって容易に2階に上れるよ
うにも計画している。
 また屋外階段をガラスのスクリーンで囲い、雨に濡れずに2階にア
クセス出来るようにしたり、「支え合う生活」がスムーズに出来る
ように工夫されている。
 
「土佐派の家」の地域産木材産業への配慮として、おもとして使
われているスギ材の部材寸法の整理統一など木材供給の簡素化、単
純化がここでも意図されている。


スポンサーサイト
12:08 未分類

地域進行と公営住宅-「土佐派の家」つくり-vol.2  山本長水

2012/03/12

(社団法人日本住宅協会発行「住宅vol.61」
 特集ページ「公営住宅の新たな使命」より)

県営住宅十市団地木造棟3階建


 木造で3階建の公営住宅を建てることには1996年同時
それほど前例があるわけではなく、従って安定した手法
は出来上がっていない状態であった。ここでは地場産の
木材などを使った土佐派の手法が評価されて、設計者に
山本長水が指名された。木造3階建となると耐火性能と
遮音性能をどう具体化するかが大きな課題であったが、
ここではどこまでも伝統の建材と職人の手仕事を尊重す
るようにしている。

 音材にコンクリートなどを使う手法は採らないで、柱
梁は燃え代を兼ねて大きくし、240角の柱や300角の梁、
40mm厚の床板などをインテリアに見せて使う木造らしい
表現を大事にしている。15戸の片廊下型の棟4棟60戸の団
地で、高齢者対応であり団地内はもとより、十戸内も全
て車イス対応にしている

 外壁の土佐漆喰は広大な壁面になるので、伝統の手法
に手を入れて銅板製の水切りをつけて左官が息を継げる
よう細分化している。

     
>>続きを読む・・・
11:05 未分類

2010/04/01

14:50 未分類
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。